広島県神石高原町の油木地区に住む人々が生活模様を投稿するサイトです。

蜜ろうクリームを作り、考えた!

今年も日本みつばちの蜂蜜がたくさんとれた。 蜂蜜についてはこの「油木生活百科」に以前書いたことが あるので、今回は副産物 蜜ろうについて。

蜜ろうはみつばちの巣を構成する蝋を精製したもので、英語で ビーズワックスという。 この蜜ろうで作られている蜜ろうクリームが、非常に高価な 値段で売買されているのを知った。

自然派志向の女性が好むケミカルフリーのクリーム。 自然派志向のいとこが気に入って使っている 「日本みつばちのオーガニック蜜ろうバーム」は 10mlの容量で2200円!?

うちには蜜ろうが大量にあり、作らないわけはないとレシピを 探し、作ることにした。

蜜ろうの状態がとてもよかったので、オイルとアロマの精油も 出来る限りオーガニックに近いものをと思って、福山の店を 数軒探した。

使用するものは、蜜ろう、オリーブオイル、オーガニックラベンダー の精油のみ。 これを混ぜ合わせ、濾して、少しベタベタしながらも入れ物に詰めた。

冷えてくると優しい色に変化し、クリーム状の適度な硬さに なっていった。初めてにしては大成功だと自画自賛。

そしてまず、いとこに進呈。彼女は大喜び。 リップクリームとしても使えると唇にも塗っていた。

 本当は何でも作れる知恵と豊かな自然があるはずなのに、お金で簡単に

購入し、壊れては捨てという消費社会を作ってきた私たち人間。

蜜ろうクリームを作りながら、思いを馳せた秋の一日であった。

#40代 #女性 #移住者 #いちば

​  油 
​  カテゴリー     
​  タグ        
まだタグはありません。
​  時期