広島県神石高原町の油木地区に住む人々が生活模様を投稿するサイトです。

小野敬老会


小野の敬老会は他の地域とは一味違います。 敬老者の参加24人に対して、それを祝う人が45人以上も参加します。 小野住民120人のうち70名以上が参加する一大イベントです。 敬老会の式典はぱぱっと終わりますが、その後の祝宴がこの日のメインです。 祝宴の出し物は、中高生によるバンドやカラオケ、そして地域外から来てもらったら歌い手さんの歌などがありますが、一番の目玉は青空の会(女性会)が中心で披露する超奇抜な出し物です。 これがいろいろ振り切っていて面白いんです。


そして女性会の出し物は面白いだけではありません。 出し物の後半は、出演者の紹介を兼ねています。 「嫁」も、いち移住者ようなものなので、お年寄りに紹介するという意味合いがあります。 それまでに他の行事や個人的に紹介したりもしますが、この祝宴が一番公式な場として小野地域へ移住者を紹介できる場だと思っています。 祝宴の後には、前日に行った農産物品評会で出品された野菜の競りが行われます。 これが立派な野菜ばかりですごいんです。 まずもって、でかい。どの野菜もでかくて綺麗。 僕が競り落とした生姜もいままで見たことのないくらいのサイズでした。 毎年、ここで生姜を競り落として冷凍して、一年間使っています。今年の生姜は一年以上は持ちそうです。


出品された野菜は、参加賞の百均グッツは貰えますが、基本タダでの提供です。 それが一般の市場価格の大体半分くらいで競り落とされます。 今回一番の目玉出品物、「日本ミツバチのハチミツ800g」の落札額はたった3000円でした。 普通のスーパーには並ばないような野菜が超格安なので、僕のような中途半端な野菜しか作れない者には非常にありがたい限りです。 ちなみに、この売り上げは小野自治振興会の収入になります。

#男性 #20代 #移住者 #小野

​  油 
​  カテゴリー     
​  タグ        
まだタグはありません。
​  時期