広島県神石高原町の油木地区に住む人々が生活模様を投稿するサイトです。

2018年の新米


今年は収穫出来る頃になってから雨が続いて、稲刈りが遅くなってしまったところが多かったようです。 ただ、ライスセンターを管理されてる方の話では、今年は夏が暑すぎたおかげでカメムシの被害がほとんど無くて米が綺麗だそうです。頂いた米を見ると確かに綺麗! カメムシが吸うと米が部分的に黒くなってしまうんです。

味には全然影響がないのですが、消費者はそういうことは知らないので見た目が悪くて値段が下がってしまいます。 カメムシを予防する農薬は「ネオニコチノイド系」の殺虫剤だそうです。この「ネオニコチノイド系」というのは虫の神経に作用して、蜂を巣に帰れなくさせてしまう薬として有名です。 日本ミツバチを増やしていきたい小野地域としては、とんでもない殺虫剤ですね。 もともと小野ではこの殺虫剤を使用している農家さんが少なかったので、どうしても部分的に黒い米が出てしまっていました。 今年はみつばちの蜜の量も普通の3倍くらいあったそうなので、今年の異常な暑さも悪い面ばかりではなかったようですね。 ちなみに我が家は、毎年お隣さんからお米を頂いていて、「買うなら他の家から買って。ただならあげる。」と出来が悪いように言うのですが、毎年めちゃくちゃ美味いです。 はやく古米を食べきって新米を食べたい…。


#移住者 #20代 #男性

​  油 
​  カテゴリー     
​  タグ        
まだタグはありません。
​  時期