広島県神石高原町の油木地区に住む人々が生活模様を投稿するサイトです。

西日本豪雨

2018/07/08

  著者:

今回、西日本各地で多数の被害をもたらした豪雨ですが、不幸中の幸いと言ってよいのか、小野地域内での人への被害はありませんでした。
人への被害はありませんでしたが、数件が浸水、各地で土砂崩れがおき、成羽川の周りにある田んぼはほぼ水に飲まれるなど、様々なところに被害が出ています。

 

ライスセンターの雨量計によると、小野地域では7月5日から二日間で約400mlの雨量がありました。
7月6日夕方からの雨は特にひどく、6日の夜には成羽川の水量が橋を超えていたそうです。
【7月6日19時40分 広島県に特別大雨警報発表】
旧小野小学校に小野自主防災会災害対策本部を設置し、旧小学校を避難所として開設されました。
避難所には3名が避難して一晩過ごしたそうです。
翌朝8時過ぎ、災害対策本部へ行くと、自治振興会長、副会長、事務局長が詰めていました。
すると、自主的に道を見に行ったり各地の確認をしてくれた方々から、小野各地の情報が集められてきて、小野から出る4本の道は、土砂崩れや倒木などによって全て通行不可になっていることが分かりました。この時点で朝9時です。
孤立状態になっていることが分かると、自治振興会長がすぐに町の建設課へ小野地域の状況を報告し、一番早く復旧できそうな大古瀬林道の土砂撤去を要請しました。ベージング放送も利用し、外への道が全て通行できないこともすぐに小野地域全体に伝えてくれました。
その後、役場から連絡があったのか自主的に動いてくれたのかは分かりませんが、まだ雨が降っている中10時にはもう横山建設が土砂撤去を始めてくれていて、10時20分には土砂が撤去されて通れるようになったと連絡がありました。

10時から臨時班長会議を開いて、各班へ集めた小野地域の状況を報告、各班からも状況を伝えてもらい、その後班長によって改めて各家の安否確認を行ってもらいました。

自治振興会長、副会長、事務局長の迅速な対応と情報伝達、地域民や消防団の自発的な活躍、横山建設の迅速な復旧作業などの、多くの人達の利他的な行動によって、被害が最小限に済んだだけなく、地域住民が必要以上に不安にもならずに済んだのだと思います。
ただ災害本部にいって話をしていただけの自分が恥ずかしいくらいでした。
小野地域の底力に感動しました。

 

 

 

Please reload

​  油 
​  カテゴリー     
​  タグ        
Please reload

​  時期        
Please reload

​記事カテゴリー

田舎暮らし
子育て.png
クラブ、集まり.png
季節の事.png
伝統文化.png
地域行事.png
家庭菜園.png
地域づくり地域おこし.png
作ってみた.png
地域維持消防団.png
福祉.png
広域のお話し.png

Copyright © 2019 油木協働支援センター All Rights Reserved.
当サイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等の行為は禁じます。